TAMRON

 

お客様各位

2002年7月

軽量・小型設計。軽快に撮影できる超広角ズーム 新登場
 AF19-35mm F/3.5-4.5
(Model A10)

株式会社タムロン(本社:さいたま市、社長:小野守男)は、フィールドでの操作性、携帯性に配慮し、軽量・小型化を図った高性能超広角ズームレンズ『AF19-35mm F/3.5-4.5』を発売いたします。
超広角レンズは広角特有の深い被写界深度やパースペクティブを活かした独特な写真表現が可能で、風景写真やスナップ撮影には欠かせないレンズです。
19-35mmという使い易い焦点距離をカバーしていますので、シーンに合わせて最適な画角を選び撮影する事ができます。

商品名 希望小売価格 発売日

AF19-35mm F/3.5-4.5
(Model A10)
ニコン/キヤノン/ミノルタAFカメラ用

45,000円(税別)

2002年7月21日

<特長>

AF19-35mm本格的超広角域19mmから35mmまでをカバーする高性能広角ズームレンズ
標準レンズでは味わえない、超広角の世界が気軽に堪能できます。優れた光学設計により、ズーム全域にて安定した高画質を実現、超広角側での歪曲収差を抑え、しかも周辺部まで高いコントラスト性能を実現しています。

■軽量・コンパクトなボディで自在に撮影が可能
質量317g*の軽量ボディにより、フィールドで快適に撮影が行えます。旅行等の携行にも苦になりません。 (*ニコンAF用の質量です)

■最短撮影距離0.5m
最短撮影距離は0.5mを実現しました。これにより、できるだけ被写体に寄る事ができ、遠近感を強調した広角表現が可能です。

■“高性能、高精密度感”のある最新の外観デザインを採用。大型花形フードを標準装備
質感の高い最新の外観デザインを採用。各操作リングの操作性も良好です。前群レンズやフィルター枠が回転しない構造のため、PLフィルターの使用も容易です。また、レンズの描写力をフルに引き出す大型の花形フードを採用。全ズーム域で良好な遮光効果を発揮いたします。

 
■仕様
モデル名: A10
焦点距離: 19-35mm
明るさ: F3.5-4.5
画角: 97°−63°
レンズ構成: 11群13枚
最短撮影距離: 0.5m
フィルター径: 77mm
全長: 67.7mm
最大径: 83.2mm
質量: 317g
絞り羽根: 8枚
最小絞り: F22
標準付属品: 花形フード
対応マウント: ニコンAF-D/ミノルタAF/キヤノンAF用
希望小売価格: \45,000(税別)

 
Homepageに戻る

このホームページは、Internet Explorer 5.5 にて動作確認しております。
    (C) Copyright 2002-TAMRON Co.,Ltd.