広角ズーム/SP AF17-35mmF/2.8-4 Di 閉じる閉じる

SP AF17-35mmF/2.8-4 Di
LD Aspherical [IF]

SP AF17-35mmF/2.8-4 Di LD Aspherical [IF]
Di(Digitally Integrated Design)対応の高画質
デジタル一眼レフカメラの特性に配慮した光学設計、Di(Digitally Integrated Design)を取り入れ、デジタルでも銀塩(フィルム)でも変わらぬ、高画質な描写が得られます。

魅力的で使いやすい焦点域、17−35mm
銀塩(フィルム)カメラでは「超広角」、レンズ交換式デジタル一眼レフカメラでは焦点距離およそ28−55mmの画角*に相当する「準標準ズーム(広角域〜標準域)」として使える、魅力的な焦点域に設定しました。
*イメージセンサーの大きさが、いわゆるAPS−Cサイズ相当のデジタル一眼レフカメラの場合

ズーム全域で最短撮影距離30cm
焦点距離35mm、最短撮影距離30cmで撮影したときの最大撮影倍率が1:5.4なので、超広角ズームでありながらクローズアップ的な表現が可能です。30cmの最短撮影距離はクラス最高レベルで、ストレス無く被写体に迫り、被写体の存在感を演出した撮影が行なえます。

ワイド側F/2.8の明るさ
17mmという短い焦点距離で開放F値 F/2.8の明るさは、暗所での撮影に威力を発揮。手ブレや被写体ブレの低減に寄与します。また、焦点深度の深い超広角域でも、意図的に背景をボカした写真を撮影できるなど、表現の幅を広げます。

LD(特殊低分散)レンズと非球面レンズを採用
広角域の画像周辺部で目立ちやすい倍率色収差を低減し、クリアでシャープな画像を得るため、LD(特殊低分散)レンズを採用。また、歪曲収差と球面収差を補正に、大型の複合非球面レンズを使用しています。
※LDレンズは1枚、非球面レンズは3枚使用

遮光性に優れた花形フードを標準装備
クリアで抜けの良い描写性能を実現するため、画角外から射し込んでくる有害な光線を画面の四角いフレームに適した効果的な形状でカットする、大型の花形フードを標準装備しました。

「SP」シリーズとしての操作感にこだわった各操作部
高設計仕様「SP」シリーズにふさわしい、”高性能、高精密度感”を表現したフォルムとテクスチャーのデザインを採用。また、ズームリング、フォーカスリング等の各操作部の操作感にも配慮しています。


仕様
モデル名 A05
焦点距離 17−35mm
画角 104°-63°
明るさ F/2.8-4
レンズ構成 11群14枚
絞り羽根枚数 7枚
最短撮影距離 0.3m(ズーム全域)
最大撮影倍率 1:5.4(f=35mm、最短撮影距離)
全長 86.5mm *
最大径 φ83.2mm
フィルター径 φ77mm
質量 440g *
付属品 専用花形フード
対応マウント ニコン用 / キヤノン用 / ソニー用 / ペンタックス用
希望小売価格 ¥60,000 (税込¥63,000)
発売時期 2003年
生産終了 2008年
*印はニコン用の数値です。