90mmマクロ伝説
MODEL 272E
 SP AF90mmF/2.8 Di
 MACRO1:1
タロムン・レンズ・テクノロジー
スペック
フォトギャラリー
カタログ請求
90mmマクロ伝説
>  トップ >  90mmマクロ伝説
1/2
90mmマクロ伝説
登場から25年。タムロンの90mmそして180mmマクロレンズは、何人ものプロ・アマチュアのカメラマン達によって育てられてきた、本当のカメラマン達のためのマクロレンズです。
今回発売の90mmマクロは、一昨年に発売の180mm望遠マクロに続き、デジタルでの使用も視野に入れた、Diタイプとして登場しました。
美しいボケ味とシャープな描写、ロングセラーレンズとして今もあり続けるタムロン90mmマクロ。
そしてこれからも多くの方に愛されるマクロレンズでありたいと願い、伝説という名にふさわしい90mmマクロの進化の過程をご紹介いたします。
  初代90mmF/2.5マクロ(1979年発売)
別名を「ポートレート・マクロ」。マクロレンズの主目的が文献複写と思われていた時代、私たちが世に送り出した中望遠マクロの発想は、よりカメラマン達の希望に近いものであったのです。 「人物撮影に使えるような中望遠レンズが欲しい。そして、最短撮影距離が短いと、もっといい」これがカメラマン達の希望でした。


普通の中望遠レンズの最短撮影距離は1m前後。アップを狙いたいときは、もっと倍率の大きいレンズに交換しなければなりません。そしてマクロレンズは「文献複写のための特殊なレンズ」という印象が強く、硬調な描写のため、ふつうのカメラマンが撮影する一般的な被写体の撮影には向かないといわれていました。 価格も比較的高価なため「出番の少ないマクロレンズでは」と、購入もためらわれたのでした。


わたしたちの発想はこうでした。「普通の中望遠レンズに採用されているガウスタイプの光学系を拡張して近距離補正を行ない、マクロ域でも使えるレンズとすれば良い」。ズームレンズの設計を得意としたタムロンだからこそ可能だった発想かもしれません。 一般的にやわらかな描写が特徴の変形ガウスタイプの光学系を用い、小型で、中望遠としてもマクロとしても汎用性のある、使い勝手の良いレンズを設計した結果、やわらかでボケ味の良い、かつシャープで立体感のある、一般撮影に向いたマクロレンズが出来上がったのです。


モデル52B
伝説のはじまり、
初代SP90mm F2.5 [Model 52B] 
このマクロレンズは、まずは使い勝手で好評を博したのですが、そのやわらかでシャープな描写の美しさにとりつかれた自然写真のカメラマン達によって、写真界で新たな地位を築きはじめたのでした。 「中望遠マクロだったらタムロンを使うべきだ」。これがカメラマン達の評価でした。純正メーカーをはじめとする100mmマクロが市場に存在した中で、ベテランのアマチュアや慧眼のプロカメラマン達は「タムロンの90mmマクロ」を指名したのでした。 そして、その事実、そのレンズによって残された作品たちが、「伝説」を生み出したのです。
1/2 next