レンズ・テクノロジー
MODEL A09
 SP AF28-75mmF/2.8 XR Di
 LD Aspherical [IF] MACRO
タロムン|レンズテクノロジー
スペック一覧
フォトギャラリー
カタログ請求
カメラ誌掲載記事
F2.8 DI SP
>  トップ >  レンズテクノロジー
1/4 next
f2.8
Di
SP
a09
レンズのひとつの魅力。それは、明るさです。
レンズの明るさとは、口径比のこと。
これは、端的にいうと『光の通り道の太さ』を表しています。
絞りを最大に開くと、そのレンズの開放F値になりますが
大口径レンズ(例:F/2.8)は、通常の明るさのレンズ(例:F/4)の
およそ2倍の光を通すことができます
(この例の場合、絞り値やシャッタースピードにして、「1段」の違いになります)。
これにより、大口径レンズには
@「速いシャッタースピードが切れる⇒手ブレのないシャープな写真が期待できる」
A「ピントが合った部分以外のボケ量が大きくなる⇒主要被写体を浮き立たせたり、
背景などを大きくボカして整理するという
作画上のメリットが得られる」、などの良い点があります。
また、一般的にレンズは、ある値(F/11程度)までは
絞り込むほど描写が向上する性質があります。これにより
B F/8に絞り込むような普通の撮影でも、大口径レンズの方が
開放からの絞り込み量が多いため、
通常の明るさのレンズよりさらに良い描写性能が期待できます。
※一般に、同じF/8の絞り値で使っても、絞り込む段数が多いものほど描写が良くなる。
1/4 next