2017年11月1日
株式会社タムロン

シャッターレス遠赤外カメラモジュールを開発

総合光学機器メーカーの株式会社タムロン(代表取締役社長:鯵坂司郎、本社:さいたま市)は、シャッター不要の遠赤外線カメラモジュールを開発しましたので、お知らせいたします。

一般的な遠赤外線カメラモジュールは、2分~3分毎にメカニカルシャッターを定期的に切り、リファレンスデータを取得することで、温度精度を保ち遠赤外映像の安定化を実現しています。しかし、シャッター駆動時にシャッター音が発生し動画が途切れてしまう問題と、メカニカルシャッター自体の耐久性の問題がありました。
このたびタムロンは、温度変化時の温度再現性に優れたアモルファスシリコンを使用した遠赤外センサーを採用し、これまで培ってきた画像処理技術を融合させて、メカニカルシャッターによるキャリブレーションを必要としない「シャッターレス遠赤外線カメラモジュール」の開発を実現しました。

シャッターレス遠赤外カメラモジュールを開発

製品の特長

遠赤外線映像(照明なし)

可視光映像(照明あり)

遠赤外線カメラモジュールは、暗闇の中でも温度を感知して映像化できるため、安眠を妨げない看護や介護等の「見守り」、照明器具がなくても夜間の監視を可能とする「人感検知」、機器監視等の「温度異常検知」の使用用途に活用されています。この度、シャッターレスの遠赤外カメラモジュールを開発したことにより、シャッター音が無く、動画の途切れがない「見守り」、「人感探知」、「温度異常検知」を実現することが可能となります。

サンプル映像ははこちらをご参照ください

仕様

画素 80Pixel×80Pixel(H×V)34μm
フレームレート 8.8fps(最大)
画像出力 UART/SPI
出力フォーマット 白黒映像、擬似カラー映像、温度データ
補正方式 シャッターレス補正
温度精度 ±2℃(ターゲット)
制御 I/F UART/I2C
外形寸法(W×H×D) 64.2×38.6×17.2mm

※開発中の製品の為、仕様、外観、性能等はお断りなく変更する場合があります。