ニュース 閉じる閉じる
2006年8月17日
株式会社タムロン
タムロン SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II(Model A16)
EISAフォト アワード
『ヨーロピアン・コンシューマー・レンズ・オブ・ザ・イヤー 2006-2007』 を獲得

株式会社タムロンより2006年5月15日に発売された、APS-Cサイズ相当デジタル一眼レフカメラ専用の軽量・コンパクトな大口径ズームレンズ SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF] (Model A16)が、
『EISAフォト アワード/EUROPEAN CONSUMER LENS OF THE YEAR 2006-2007』
を受賞いたしました。
最新の光学設計により、大変使いやすい高性能大口径標準ズームレンズとして、ヨーロッパの主要写真雑誌のエディターやテクニカルエディターから高い評価を頂きました。
SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II(Model A16)
<受賞の理由>
    「タムロンの最新レンズ17-50mm F/2.8は、その光学設計によって、レンズの新しい水準をもたらした。タムロン17-50mmは、日常的に使用できる、非常にコンパクトで汎用性の高いレンズである。ズーム全域で/2.8を実現し、大口径レンズにもかかわらず、軽量で大変使いやすい。そして、フォーカスは、迷うことなくスピーディである。さらに、価格に敏感な人にも魅力的な低価格レンズである。」
<EISAアワード賞について>
    ヨーロピアン・コンシューマー・レンズ・オブ・ザ・イヤー 2006-2007『EISAアワード』賞は、欧州の主要18ヶ国、約50の著名な写真・映像・音響・モバイルエレクトロニクス関係専門誌の編集長と技術主幹で構成されるEISA (EUROPEAN IMAGING AND SOUND ASSOCIATION)が年間で最優秀と認める写真、オーディオ、ビデオの分野別製品に対して授ける賞です。

<タムロン EISAフォト アワード受賞歴>
    受賞年 商 品 名
    1992-1993 SP AF35-105mm F/2.8 Asherical (Model 65D)
    1993-1994 AF28-200mm F/3.8-5.6 Asherical (Model 71D)
    1997-1998 SP AF90mm F/2.8 Macro [1:1] (Model 72E)
    1999-2000 AF28-300mm F/3.5-6.3 Asherical [IF] Macro (Model 185D)
    2000-2001 AF28-200mm F/3.8-5.6 Aspherical-IF SuperII (Model 371D)
    2002-2003 AF28-300mm Ultra Zoom XR F/3.5-6.3 LD Aspherical [IF] Macro (Model A06)
    2003-2004 SP AF28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] Macro (Model A09)
<SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF] (Model A16)の主な特長>
  • デジタル一眼レフカメラ専用。17mm広角から始まる、軽量・コンパクトなズーム全域F/2.8の大口径標準ズームレンズ。
    APS-Cサイズ相当デジタル一眼レフカメラ専用設計により、35mmフィルム用レンズの焦点距離26-78mmとほぼ同等の画角をカバーする大口径標準ズームレンズを実現。広角側の焦点距離を17mmとし、35mm判換算で26mm相当の一般標準ズームより広い画角を網羅しながらも、画期的な軽量・コンパクトサイズを実現いたしました。
    APS-Cサイズ相当の撮像素子専用設計のため、イメージサークルを小径化。設計上の工夫により、フィルター径67mm、全長83.2mm*、最大径73.8mm、質量430g*の軽量・コンパクトボディを実現しました。
    *ニコンAF用の数値です。


  • 特殊硝材を多数採用し、デジタルカメラの特性に配慮した光学設計を採用。画質の向上、コンパクト化を実現。
    XR(高屈折率)ガラスの革新的な活用により、全体の光学パワー配分の最良化を求め、コンパクト化を図ると共に諸収差を良好に補正しています。さらに、複合非球面レンズ2枚を適正配置することにより、描写性能を維持し、光学系全体をさらに短く圧縮することができました。また、LD(異常低分散)レンズ1枚を採用し、デジタルでの画質向上の大きな要因になる軸上および倍率色収差を良好に補正し、全ズーム域で高い描写性能を実現いたしました。


  • 最短撮影距離 ズーム全域で0.27m、最大撮影倍率1:4.5を実現。
    APS-Cサイズ相当のデジタル一眼レフカメラ専用レンズで、ズーム全域に渡りF/2.8を維持する大口径標準ズームレンズでは、トップクラスの最短撮影距離0.27mをズーム全域で実現いたしました。また、50mm側での最大撮影倍率も最高クラスの1:4.5*となります。
    *(APS-Cサイズ相当の撮像素子は、35mm判フィルムに比べて小さいため)本レンズは、35mm判カメラで最大撮影倍率1:3.0のレンズを撮影した時に得られるのとほぼ同等の範囲を写し撮ることができます。


  • 徹底したゴースト・フレア対策を行うため、インターナル・サーフェイス・コーティングを積極的に採用。
    レンズフロント面からの光による反射、撮像素子の影響による画質低下を押さえるために、新たに開発したマルチコートの採用や、インターナル・サーフェイス・コーティング(レンズ貼り合わせ面へのマルチコート)を積極的に採用しています。


  • 機構的工夫により、大口径ながら軽量・コンパクト設計を実現。
    機構的な工夫により、コンパクトなボディの中に複雑な構造を納め、優れた携帯性、操作性を実現いたしました。また、三層の鏡筒に配されたカムが、ズーミングやフォーカシングによって複雑に連動するトリプルカムの構造をさらに進化させ、至近撮影でのAFピント精度の向上やズーム作動時のトルクムラの軽減を実現しています。
    さらに生産面においても、複雑な構造を持つ『SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF] 』の製品化のため、部品の高精度化・軽量化・強度向上など、製造技術の革新を図っています。

    商品名 希望小売価格 発売日
    SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II
    LD Aspherical [IF]
    (Model A16)
    希望小売価格 55,000円
    (税込 57,750円)
    2006年5月15日発売
    (キヤノンAF用)