ニュース

2011年8月10日
株式会社タムロン

タムロン創業60周年記念プロジェクト
-Eternity at a Moment-
-写真家60人の「瞬間と永遠」-
開催のご案内と写真家60名のご紹介

総合光学機器メーカーの株式会社タムロン(代表取締役社長:小野守男、本社:さいたま市)は、2010年11月1日に創業60周年を迎えました。この創業60周年を記念すると供に、60周年記念モデルとして発売した『18-270mm DiIIVC PZD(Model B008)』が『第一回 カメラグランプリ2011レンズ賞』の受賞を初め、幾つかの大きな賞を頂いたことに深く感謝し、創業60周年プロジェクトとして、『-Eternity at a Moment- 写真家60人の「瞬間と永遠」 』を開催いたします。詳細は下記のとおりです。

『-Eternity at a Moment- 写真家60人の「瞬間と永遠」 』のコンセプト

私たちが見ていない「なにか」に光をあて、形を与えてくれる、60人の写真家たち。
切りとられる「瞬間」と、呼びさまされる「永遠」の気配。
刹那に込められた写真家の想いは、私たちに何を伝えてくれるのでしょうか。

「産業の眼を創造貢献する」タムロンは、60年間にわたり、独創性あふれる製品でその時々の社会に貢献をしてきただけではなく、ずっとその眼で未来の光を見てきました。
60周年という区切りは、過去の歴史を振り返るタイミングであると同時に、次のステージに向けてスタートを切る瞬間でもあります。

本企画では、60人の写真家が、それぞれが今感じている「瞬間と永遠」を『18-270mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD(Model B008)』で撮りおろし、スペシャルサイトと写真展で作品を公開します。
写真家にとって「時間」はそれ自体が永遠のテーマの一つ。
60人の写真家が出す「瞬間と永遠」の答えは、 それぞれ異なる写真家たちの視点から見た、多様で起伏に富んだ写真表現になるでしょう。そして、60名の写真家から生み出される作品とメッセージは、おのずと今を反映し、多くの写真を愛する方々より共感を得ることと思います。

参加写真家

幅広いジャンルと世代より多様な切口で作品を魅せていただける60名の写真家を選出しました。

青木 勝小松 健一西平 英生
青野 恭典齋藤 康一ハービー・山口
赤城 耕一佐藤 仁重萩原 史郎
阿部 秀之鹿野 貴司秦 達夫
有元 伸也清水 哲朗hana
飯田 鉄新藤 健一広田 尚敬
石井 孝親諏訪 光二広田 泉
石川 梵曽根 陽一深澤 武
今岡 昌子田中 希美男藤井 智弘
魚住 誠一田沼 武能ホンマタカシ
江口 愼一塚原 琢哉前川 貴行
榎並 悦子土屋 勝義水谷 たかひと
大西 みつぐテラウチ マサト水谷 充
大和田 良豊田 直之桃井 一至
岡嶋 和幸中井 精也矢野 直美
川合 麻紀中里 和人山田 敦士
木村 惠一中谷 吉隆横木 安良夫
熊切 圭介中藤 毅彦吉田 繁
小澤 太一並木 隆吉野 信
小林 義明新美 敬子渡部 さとる

実施内容/スケジュール

1. スペシャルサイト公開  URL:http://www.tamron60.com

○公開日:
8月30日(火) 16:00~
○内容:
60名の写真家の作品とメッセージを各作家ごとのページを作成し、紹介します。
8/30、9/12、9/20日の予定にて順次作品を公開予定。

※ブログを開設しています。最新情報はこちらでもご紹介しています。:http://tamron60.blogspot.com/

2. 写真展開催

○日時:
2011年10月5日(水)~11日(火) 12時~19時(※最終入場時間は閉場の30分前)
○会場:
3331 Arts Chiyoda  〒101-0021 東京都千代田区外神田6丁目11-14
TEL:03-6803-2441 / FAX:03-6803-2442  公式ホームページ:http://www.3331.jp/
○入場料:
無料

○読者参加型イベント:セミナー、トークショーを実施

○写真雑誌、作家の写真集閲覧スペースを設置

チャリティ活動

未曾有の災害が発生した本年に写真展を開催するにあたり、写真展期間を通じてチャリティ活動を実施いたします。チャリティの内容につきましては現在検討中です。