photo: Rintaro Ebuchi

江渕 倫太郎Rintaro Ebuchi

コンポーネント機器事業本部 第一事業部 設計技術部 設計技術二課
2010年 入社

試作から量産まで~先輩社員の話が心に響きました

物心ついた頃から「ものづくり」が好きだった私は、中学卒業後に高専に進学し、大学院は光関係の研究室で学んでいました。就職活動が始まって、機械系の職種の募集がある会社の説明会に何社か参加した中で、タムロンの先輩社員から「試作から量産まで幅広く製品に関われる仕事」という話を聞いて、自分がやりたかったのはこれだ!と思いました。その後選考が進む度に面接官に質問を投げたところ、どの面接官からも同じような回答が得られたので、ものづくりに深く関われるのだと確信して入社を決めました。

頭の中にあることを形にする仕事

入社以来、OEMの一眼レフカメラ用交換レンズの設計をしています。OEM製品は自分が作った製品だと口外することはできませんが、よくカメラ売場を覗きに行ってお客さんの反応をこっそり見たりしています。現在は海外のお客様の製品開発を担当していますが、お客様によって考え方が違うため、相手の要求をどうやって形にするか、具現化していく工程がとても楽しいです。

チームタムロン!

タムロンの社風を一言で表現すると、「みんなで1つのものを作りあげていく会社」かなと思います。入社から機構設計の部署にいますが、仕事は設計だけでは完結しないといつも感じています。今年から機種リーダーを任されるようになり、プロジェクトリーダーのような役回りになりました。設計担当者として仕事をしていたときは、光学設計、生産技術、電子設計等の部門と関わることが多かったのですが、今では調達部門や工場、海外のお客様ともコミュニケーションをとりながら仕事を進めています。忙しい時は大変ですが、学生時代に学んできたことを活かせている実感があり、実際に自分がつくったものが形になるのがとても面白いです。

photo: Rintaro Ebuchi

レンズのスペシャリスト

機種リーダーとなった今でも、「まだまだ技術も知識も足りない、もっと理解を深めたい」と思っています。将来は「レンズに関しては何でも任せてもらえるスペシャリスト」を目指しています。入社当時は今の私くらいの先輩が目標でしたが、近づいたと思うと相手がより高いレベルにいってしまう。常に目標にする先輩や上司から刺激をもらっています。

自分のやりたいことに正直に

実は、就職活動は苦戦していました。「機械系」というと幅広い業種があり、いろいろな会社の説明会を聞きに行くうちに何がやりたいのか見失っていた時期もありました。そんなとき、原点に立ち戻って自分がやりたいことは何だったのか整理していく中で、「機械系が全部できるよ」というタムロンの先輩の言葉と出会ったことが、入社に繋がったかなと思っています。自分の軸を大切に、やりたいことに正直に会社や仕事を選ぶと、入社後に苦労したとしても乗り越えられると思いますよ。