支援選手

 

タムロンの支援プログラムにご参加いただいている障害者アスリート3選手をご紹介いたします。

洞上選手・土田選手・高桑選手
土田選手

土田 和歌子選手

つちだ わかこ

1974年10月15日 東京都生まれ
八千代工業株式会社所属

高校2年の時、友人とドライブ中に事故に遭い、車いす生活に。長野パラリンピック、アイスストレッジ1500mでは自身の世界新記録を更新し金メダルを獲得。 1000mでも金メダル、100m、500mでは銀メダルを獲得した。 陸上競技にも挑戦し2000年シドニーパラリンピック車いすマラソンで銅メダルを獲得。2001年には、大分国際車いすマラソンのフルマラソンで世界最高記録を樹立、2004年アテネパラリンピックでは、5000mで念願の金メダル、フルマラソンでは銀メダルを獲得。日本人初の夏冬『金メダリスト』となった。2007年4月第111回ボストンマラソンにて日本人初の優勝を獲得。北京パラリンピックでは、5000mとマラソンの2種目での金メダルを目指したがレース中の大怪我により、無念のリタイア。昨年のロンドンパラリンピックでは、5,000mとフルマラソンに出場し、フルマラソンで転倒しながら完走し、5位入賞を果たす。今年10月の大分国際マラソンでは、自身の持つ世界記録を12年ぶりに更新し、全盛期の好調を維持、ますます充実の時を迎えている。現在は、リオデジャネイロパラリンピックでの金メダルをめざし、世界のレースに挑戦し続けています。また、2020年東京オリンピックパラリンピック招致のアンバサダーに任命され、招致成功にも貢献した。車いす陸上競技の世界的なトップアスリートで、世界中の人々に勇気と感動を与えています。

ブログ  土田和歌子さん、オフィシャルブログはこちら

洞上選手

洞ノ上  浩太選手

ほきのうえ こうた

1974年3月30日福岡生まれ
ヤフー株式会社所属

25歳の時にバイクの事故で脊椎損傷し車いすの生活となり、知人の紹介で車いすマラソンを始める。2002年大分国際車いすマラソン大会ハーフの部(21.097km)で デビューし、2006年、極東・南太平洋障害者スポーツ大会日本代表。フルマラソン金メダルを獲得する。2008年福岡スポーツ夢大使に任命され、厚生労働大臣賞を受賞する。2008年の北京パラリンピックに出場し、5000mとフルマラソンにて5位入賞を果たす。 2010年には、10,000mと5,000mで日本記録を樹立。2011年にはフルマラソンの日本記録を樹立し、日本の車イス陸上競技のトップアスリートとなる。
昨年のロンドンパラリンピックでは、5,000mとフルマラソンに出場し、フルマラソンで6位入賞を果たす。 今年4月ソウルマラソンにて、自身の持つ日本記録をさらに更新し、好調をキープしつつ、新たなトレーニング法を取り入れ、スピードとスタミナをさらに磨き、益々充実の時を迎えている。 今年7月フランスリオンで行われたIPC世界選手権陸上競技大会車いすマラソンで3位銅メダル獲得。現在は、2016年のリオデジャネイロパラリンピックと2020年の東京パラリンピックを見すえ、金メダル獲得に向けて新たなチャレンジが始まっている。車イス陸上競技において日本を代表する世界的なトップアスリートです。

ブログ  洞ノ上浩太さん、オフィシャルブログはこちら

高桑選手

高桑 早生選手

たかくわ さき

1992年5月26日埼玉生まれ
エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社所属

小学校6年生のとき、彼女を骨肉腫が襲い、3度の手術を受けたあと、左足を切断。高校に上 がる少し前に切断者スポーツクラブに出会い、自分と同じような障害をもった人たちが「板バネ」と呼ばれるスポーツ用の義足でグラウンドを疾走する姿を見て新しいことを始めてみようと思い、高校の陸上競技部に入部。 陸上を始めて5年、 めきめきと記録を伸ばし、昨年9月のジャパンパラリンピックでは100mで13秒96 日本記録に0秒12に迫った。ロンドンパラリンピック100mで7位入賞。200m予選では、自己ベストの29秒37で決勝に進み、100mと同じ7位入賞を決めた。 3年後のリオデジャネイロパラリンピックを目指す陸上界の期待の新星。

ブログ  高桑早生さん、オフィシャルブログはこちら