第6回タムロン マクロレンズ フォトコンテスト 閉じる閉じる
第6回 タムロン マクロレンズ フォトコンテスト結果発表

全応募作品より選出グランプリ
ネイチャーの部金賞銀賞銅賞入選
ノンジャンルの部金賞銀賞銅賞入選
受賞者一覧はこちら

第6回を迎えた、タムロンマクロレンズフォトコンテストの入賞者が決定しました。(2009年10月31日締め切り)

応募人数 1,312名、応募総作品数 4,094点と今回もたくさんのご応募をいただき、まことにありがとうございました。今回はネイチャーの部、ノンジャンルの部という2つの応募部門を設定し、例年にも増すたくさんのご応募をいただき、改めて、マクロレンズの人気の高さを確認させて頂きました。

審査にあたっては、ネイチャーの部は吉野 信先生、ノンジャンルの部は川合 麻紀先生に行って頂きました。両先生の厳正なる審査の結果、全41名の方が入賞されました。おめでとうございます。

グランプリから銅賞までの各受賞作品は、「デジタルカメラマガジン」誌 2010年2月号(1月20日発売)の136~139ページにも掲載されます。

デジタルカメラマガジンデジタルカメラマガジン、最新号の情報がご覧いただけます。
詳しくはこちらから。

総評-選考を終えて 総評-選考を終えて
ネイチャーの部
撮影範囲を広げてさまざまな写真を撮ってほしい
写真家 吉野 信氏
審査員:写真家 吉野 信氏
前回に比べて500 点近く応募点数が増えました。審査する側としてはうれしい限りです。ただ、今回気になったのは、マクロレンズの良さを活かしきれていない写真がいくつかあったことでした。マクロレンズは等倍から無限遠まで写せます。この撮影範囲の広さを活かしてほしいです。また、カマキリやチョウなどの身近な昆虫だけではなく、自然にはまだまだ多くの被写体があります。自然を素直に写しながら、写真という世界で創造するということが大事だと思いました。自分の世界を創造するという意志をもって、次回もチャレンジしてください。
ノンジャンルの部
身近なものを心のおもむくままに撮ってください
写真家 川合 麻紀氏
審査員:写真家 川合 麻紀氏
今回新設された部門ですので、どのような写真が集まるのかを楽しみにしていたのですが、予想以上にしっかりと、がんばって撮った写真が多かったなと感じました。もっと身近な被写体を、心のままに撮って楽しんだ作品がほしかったですね。例えばおウチで作った料理や、お子さんや、育てている植物などを撮った作品が挙げられるかと思います。今回はとくに、野外で撮影した作品や、かなり作りこんだ作品が多かったのですが、次回は料理や雑貨など、もっと身近なものを撮って、ポストカードにできるような、そんな作品のご応募を期待しています。

受賞者一覧 受賞者一覧
全応募作品より選出
グランプリ
   山本 喜久夫 「高みの見物」 作品を見る
ネイチャーの部
金賞
   本田 守男 「笑顔」 作品を見る
   宮本 康雄 「宇宙からの使者」 作品を見る
銀賞
   干場 光明 「Two Hearts ~チューリップの想い、忘れな草の声」 作品を見る
   松田 昇 「敵視」 作品を見る
   堤 浩康 「ひげ面のかえる」 作品を見る
銅賞
   藤本 陽 「spring shower」 作品を見る
   片野 一浩 「ピンクハウス」 作品を見る
   末吉 里志 「朝露」 作品を見る
   高橋 重孝 「初舞台」 作品を見る
   石川 邦夫 「生命をつなぐ大舞台」 作品を見る
入選
   芦田 学 「土俵入り」 作品を見る
   井上 雅史 「幼虫を保護するモンキツノカメムシ」 作品を見る
   宇都宮 雅江 「誰だ」 作品を見る
   岩室 節子 「かくれんぼ」 作品を見る
   橋本 慶子 「How many miles to Babylon? (バビロンまでなんマイル?)」 作品を見る
   佐藤 武男 「ジャンプの練習」 作品を見る
   三井 一夫 「雨あがり」 作品を見る
   市川 仁志 「生命の営み」 作品を見る
   清水 喜三 「戯れ」 作品を見る
   木村 桂三 「フェイス」 作品を見る

ネイチャーの部
金賞
   大倉 啓孝 「夏の宵」 作品を見る
   安達 晃章 「吐息」 作品を見る
銀賞
   前田 祐之 「Smile faces」 作品を見る
   加来 洋一 「水の小惑星」 作品を見る
   成岡 直夫 「しぐさ」 作品を見る
銅賞
   カズマ ケビン 「ROSE ON FIRE」 作品を見る
   なかくぼ けん 「必死です!」 作品を見る
   増田 義隆 「ひとみ」 作品を見る
   竹内 桂一 「雨夜の誘い」 作品を見る
   横山 真弓 「こんなに世界は美しい」 作品を見る
入選
   和田 国広 「夢もよう」 作品を見る
   西川 由展 「ガラス玉の中のメリーゴーランド」 作品を見る
   川口 直人 「威嚇」 作品を見る
   浅野 裕子 「旅の終わり」 作品を見る
   大地 敏夫 「我ら、ともだち」 作品を見る
   中川 佳弥子 「僕のクルミ」 作品を見る
   長谷川 恭子 「優しい時間」 作品を見る
   木原 知子 「シャボンの世界」 作品を見る
   鈴木 明久 「烈しく、鋭く、強く」 作品を見る
   稲田 義美 「浜辺の詩」 作品を見る

過去の結果(第1回‐2004年)はこちら

過去の結果(第2回‐2005年)はこちら

過去の結果(第3回‐2006年)はこちら

過去の結果(第4回‐2007年)はこちら

過去の結果(第5回‐2008年)はこちら