資源循環社会への取り組み

限りある資源を枯渇させず、持続可能な社会を創造していくためには、少ない資源やエネルギーでものづくりを行い、廃棄物を少なくし、資源を再利用する「循環型社会」の実現が求められます。
タムロンでは、原材料からの廃棄物の削減(Reduce)や、繰り返し利用できる材料や水の再利用(Reuse)、再度材料として使用(Recycle)の3Rを重視し、資源を効率的に循環させるための取り組みを行っています。

マテリアルバランス

タムロンでは、埼玉県に設計、試作、金型製造を行う本社工場、青森県にレンズ製造、プラスチック部品の成形、製品の組み立てを行う各工場があります。加えて中国仏山工場、ベトナム工場でレンズなどの部品の製造・組み立てを行い生産しています。
当社の開発・設計・生産段階では電力、重油、軽油などのエネルギーが使用され、CO2が排出されています。また浪岡工場、中国仏山工場およびベトナム工場ではレンズを製造しており、ガラス材を研磨し洗浄するため水を使用していることも特徴です。弘前工場(大鰐製造部)、中国仏山工場、ベトナム工場ではレンズの周辺部品などに使われるプラスチック部品を製造しているため、そのランナー材(注1)などが廃棄物となっています。部品・製品の工場間の輸送には主に航空機、船、トラックが使われ、ガソリン・軽油などの使用によりCO2が排出されています。

(注1)プラスチック製造のための樹脂を流し込む流路に発生する端材。

INPUT   タムロン   OUTPUT
単位   単位
金属 8,228 t 原材料

部品調達
CO2排出量 162,403 t-CO2
ガラス 1,576 t      
プラスチック 584 t      
樹脂 293 t      
118 t      
化学品 65 t      
ダンボール 43 t      
     
エネルギー 713,000 GJ 開発

設計

生産
CO2排出量 43,247 t-CO2
電力 77,877 千kWh  電力 42,476 t-CO2
重油 179 kℓ 重油 485 t-CO2
灯油 9 kℓ 灯油 23 t-CO2
軽油 14 kℓ 軽油 37 t-CO2
ガソリン 1 kℓ ガソリン 2 t-CO2
LPG 4 千㎥ LPG 26 t-CO2
天然ガス 89 千㎥ 天然ガス 198 t-CO2
           
810 千㎥ 排水 485 千㎥
上水 631 千㎥      
地下水 179 千㎥ 製品合計 1,113 t
           
再利用・再生利用水 8 千㎥ 廃棄物発生発生量 1,990 t
      産業廃棄物(※2) 1,353 t
化学物質取扱量 7 t 一般廃棄物 637 t
           
      廃棄物リサイクル量 1,116 t
      プラスチック(注4) 171 t
      ダンボール 285 t
      一般廃棄物(熱回収) 133 t
      廃液 186 t
      廃油 114 t
      金属 172 t
      36 t
      研磨汚泥 13 t
      その他 6 t
                 
エネルギー(※1) 204 kℓ   物流

輸送
  CO2排出量 525 t-CO2
軽油 167 kℓ     軽油 439 t-CO2
ガソリン 37 kℓ     ガソリン 86 t-CO2
                 
電力 2,559 千kWh   使用   CO2排出量 1,292 t-CO2

対象範囲:
本社(東京事務所・大阪営業所を含む)・青森3工場・中国仏山工場・ベトナム工場
対象範囲カバー率:96%
(※1)輸送時のデータは、国内・ベトナム工場の製品・部品の陸上輸送分と出張所5ヶ所を含む営業車使用分を対象としています。中国仏山工場は社用車の使用のみ対象としています。
参考ガイドライン:
環境省「温室効果ガス算定報告マニュアルver.4.4」
(※2)産業廃棄物にはPRTR物質キシレン1.3tとエチルベンゼン1.9tの移動量を含みます。また、PRTR物質 キシレン0.3tとエチルベンゼン0.5tを大気へ排出しています。
(※3)プラスチックのリサイクルの内訳はサーマル69t、マテリアル102tとなっています。

廃棄物の削減 

廃棄物削減に向け、サイトごとに目標を立てて、生産方法の見直し・改善を実施し、廃棄物量の削減に取り組んでいます。また、ゼロエミッション※を目指して、廃プラスチックなどのリサイクルに取り組んでいます。
2019年は総量で2018年比2%増加、国内の産業廃棄物リサイクル率は97.6%となりました。

※産業廃棄物の単純埋立率に回る量が全産業廃棄物量の2%以下となることをゼロエミッションと定義しています。

廃棄物発生量のグラフ

水銀使用製品の廃棄について

「水銀による環境の汚染の防止に関する法律」(水銀汚染防止法:平成27年6月19日公布)により、水銀使用製品の事業者には、使用済み製品を適正に分別、廃棄するための情報を提供することが求められています。タムロンでは、一部の製品に含まれる水銀を適切に分別、廃棄するための情報を、ウェブページでお知らせしています。以下をご覧の上、該当する製品をお持ちの方は、廃棄する場合、案内に沿って処理していただきますようお願いいたします。


水銀使用製品の廃棄に関するご案内

環境配慮型設計(DfE)の推進

タムロンでは3R(Reduce, Reuse, Recycle)の観点から、環境に配慮した製品を作り出しています。製品開発の設計検証の段階で、製品の長寿命化(長期使用化・修理容易化)、省資源化(減量化・減容化・部品点数削減・再生材の有効活用・解体容易性)、省エネルギー化(使用時・生産時の省電力)の達成度を評価し、製品化しています。環境配慮され、当社の自主基準を満たした製品は、「タムロンエコラベル製品」として認定されています。認定された製品についてはこちらをご覧下さい。

タムロン 自社基準で環境配慮製品を認定
写真レンズ エコラベル対象機種リスト
監視/工業用製品 エコラベル対象機種リスト

有害化学物質の代替と削減

タムロンでは「環境関連物質管理規定」を作成し、カドミウム、鉛、六価クロム等においてRoHS指令の規制値より厳しい自社基準値を設定し、それに基づく有害物質の管理、また有害物質混入防止を確実に行うよう、環境品質保証体制を構築しています。また、万が一、有害化学物質が混入された場合を考え、XRF(蛍光X線分析装置)、ICP-AES(高周波プラズマ発光分光装置)、GC-MS(ガスクロマトグラフィー質量分析計)といった測定機器を揃え、部品・原材料および製品中の鉛、水銀、カドミウム、六価クロム、PBB、PBDE※の含有状況をチェックしています。
2019年よりRoHS規制対象物質としてフタル酸エステル4物質(DEHP、BBP、DBP、DIBP)が新たに追加されました。当社ではこれら4物質の分析もできる体制になっています。今後も世界各国の有害化学物質規制を順守する体制を築き、人や環境に配慮されお客様が安心して使える商品の提供を目指します。


※PBB、PBDEは臭素系難燃材であり、内分泌かく乱物質(環境ホルモン)の一種

タムロンのスポーツ支援