環境
地球温暖化による気候変動、調達から廃棄に至る過程での環境影響を認識し、自然と共生する心豊かな社会の実現のために「環境ビジョン2050」を策定しました。
長期的に持続可能な社会と企業活動の両立を目指して、環境に配慮して活動しています。

環境ビジョン2050

心豊かな社会の実現のために、環境への取り組みの長期的な方向を示す「環境ビジョン2050」を策定しました。

タムロンは、近年の地球温暖化による気候変動の動向を踏まえ、全ての人々が生き生きと暮らすことのできる心豊かな社会の実現のために、「環境ビジョン2050」を策定しました。心豊かな社会を築くために「脱炭素社会」「資源循環社会」「自然共生社会」という3つの社会の実現を目指し活動しています。

●脱炭素社会の実現に向けた方針、施策

  • 省エネルギー化を推進し、空調設備や製品の製造工程から発生するCO2を削減する
  • 再生可能エネルギーの導入を推進する

●資源循環社会の実現に向けた方針、施策

  • 廃棄物削減・リサイクルに努め、海洋プラスチック削減に貢献する
    (事業所:廃棄プラスチック削減、製品:包装プラスチックのリサイクル材使用や削減)
  • 水使用量の削減・リサイクルに努める

●自然共生社会の実現に向けた方針、施策

  • 地域社会との連携・協力を通じて、生物多様性の保全に取り組む
  • 有害化学物質の削減・適正な管理に努める

環境問題への考え方、
環境目的目標の達成状況

近年、温暖化などの現象が示すように、サステナビリティの危機が確実に進行しています。タムロンでは総合マネジメント方針「CO2排出量の削減、廃棄物の削減、有害化学物質の代替や削減、生物多様性の保全を通して環境汚染を予防する」に基づき、品質と環境に対する目的・目標を設定し、達成に向け活動しています。

TCFDへの対応

タムロンは、TCFDの趣旨に賛同し、推奨されているフレームワークの整備と気候関連の情報開示に対応していきます。

CO2の削減

タムロンは脱炭素社会の実現に向け、事業におけるCO2排出量の削減を行っています。2020年7月にこれまでの原単位目標を見直し、CO2絶対量で2030年に2015年比30%削減する目標に変更し、バックキャスティングで2020年は2%削減する目標を立て、活動しています。

資源循環社会への取り組み

限りある資源を枯渇させず、持続可能な社会を創造していくためには、少ない資源やエネルギーでものづくりを行い、廃棄物を少なくし、資源を再利用する「循環型社会」の実現が求められます。

その他の取り組み

タムロンのスポーツ支援