コンプライアンスの考え方

CSRテーマ「コンプライアンス」は、「タムロンは、社会とともにあることを自覚し、法令の遵守と公正な社会的ルールの尊重を優先し、高い倫理観を持って企業活動を行います。」という方針の下、活動しています。

関連するSDGs

  1. 10.2 2030年までに、年齢、性別、障害、人種、民族、出自、宗教、あるいは経済的地位その他の状況に関わりなく、全ての人々の能力強化及び社会的、経済的及び政治的な包含を促進する。
  2. 16.10  国内法規及び国際協定に従い、情報への公共アクセスを確保し、基本的自由を保障する。

コンプライアンスの管理体制

タムロンは、代表取締役社長を委員長としたコンプライアンス推進のための基本事項を審議する「コンプライアンス委員会」と、各部門から選出される推進委員からなり、法令順守のための教育を行う「コンプライアンス推進委員会」を設置し、コンプライアンスを推進しています。
コンプライアンスの徹底のため、会社から独立し、秘密保持が徹底された内部通報窓口を社外に開設し、2019年より運用を開始しています。また、海外を含めたリスクとして営業秘密などの情報漏えい防止を課題とし、今後はさらに管理を強化していきます。

2019年目標値 結果 実施施策
法令違反件数
目標:0件
法令違反件数:0件 コンプライアンス推進委員会を通じての研修
コンプライアンス行動指針の周知

タムロンのスポーツ支援