タムロンのCSR
タムロンは企業価値の向上とサステナブル(持続可能)な社会の実現に向けて、
経営理念の実現を目指した「産業の眼を創造していくことで経済・社会・環境に貢献する」という
CSR方針のもと、CSRの12テーマを設定して活動しています。

CSRの考え方

タムロンは、経営理念の実現を目指した「産業の眼を創造していくことで、経済・社会・環境に貢献する」というCSR方針のもとで、企業価値の向上と持続可能な社会の実現を目指し、2007年から、当時の外部や内部の環境を背景に、CSR12テーマを設定し、毎年目的、目標を定めCSR経営を実践しています。
現在、世界では温暖化などの現象が示すようにサステナビリティの危機が確実に進行している上、人権や労働などのさまざまな社会課題が深刻さを増す中、企業による社会課題解決への取り組みが一層期待されています。当社は中長期的に社会課題解決への取り組みを推進し、持続的に成長するため、CSR重要課題を特定しています。

CSR12テーマと推進体制

タムロンはステークホルダーの要請に基づき特定したCSRの12テーマにおいて、目標を設定して活動しています。

リスクと機会

タムロンはリスクマネジメントシステムに基づき、リスクと機会を洗い出し、さまざまな決定を行い活動しています。

価値創造プロセス

さまざまな社会課題を経営上の機会と捉え、経済・社会価値を創出し、持続可能な社会の実現に貢献します。

CSR重要課題の特定方法とCSR12テーマ

当社は中長期的に社会課題解決への取り組みを推進するため、CSR重要課題を特定しCSR12テーマを再設定しました。

国連グローバル・コンパクトとSDGs

タムロンの事業活動は生産拠点のある中国・ベトナムを始めとするアジア各国、並びに販売先であるアメリカ、ヨーロッパ等、世界各地に及んでいます。 タムロンは2007年8月、CSRへの取り組みの基礎とすべく、「国連グローバル・コンパクト」に参加しました。 「国連グローバル・コンパクト」は国連が提唱している「人権、労働、環境及び腐敗防止」に関する普遍的な10原則を支持する国際的なイニシアチブです。タムロンは、「国連グローバル・コンパクト」10原則を遵守し、社会的責任を果たした企業活動を行っていきたいと考えています。
当社の「国連グローバル・コンパクト」10原則への対応状況については 国連グローバル・コンパクトへの参画 をご覧下さい。

国連グローバル・コンパクトの詳細は、国連のホームページよりお願いします。

ステークホルダーとの関わり

ステークホルダーの皆様との対話を通じて、さまざまな活動を行っています。

タムロンのスポーツ支援