ブロニカ使い方教室/手入れと保管について 閉じる閉じる

ブロニカつかい方教室

 

手入れと保管について

泥、砂塵、ゴミなどがついたら
  • 運動場や砂浜、工事現場など土埃の舞う場所で使ったときは、汚れや砂塵がつきやすいので、撮影の時だけカメラバックやトランクケースから取り出して使いましょう。砂塵や土埃が付くとわずかな隙間からカメラの内部に入り込み故障の原因になります。そのような場所で使った後は、埃をブロアーで吹き飛ばし専用のクリーニング液でふきましょう。
  • カメラのボディやレンズの鏡筒部などはシリコンクロスなどで丁寧に拭いて下さい。
  • レンズの表面はブロアーでよく埃を除いた後、市販のクリーニング液を少量クリーニングペーパーかレンズクリーニングクロスに付けて柔らかくふき上げます。
水に濡らしたり潮風にさらしたら
  • カメラやレンズは防水構造になっていませんから、水分が内部に浸透し部品が腐食して故障の原因となります。雨の中や霧の中で使用するときは、水滴や水分がかからないように注意して下さい。
  • カメラやレンズなどに水滴が付いた場合は素早く乾いた布で拭いて下さい。
結露について
  • 冬場など戸外から屋内に入ったときメガネ等が結露して曇ってしまいます。カメラやレンズも同じで結露させてしまうと内部に水滴が付いて故障やカビの原因となります。
  • 急激な温度や湿度の変化する場所にカメラやレンズを移動させるときはビニール袋に入れて温度や湿度が安定してから取り出すようにして下さい。
撮影が終わったら
1日の撮影が終わったらお休みになる前にカメラやレンズを手入れしましょう。
  • カメラバックから中身を全て出して、バックが濡れている場合には乾し、砂塵などが付いている場合はよくはたき落としておきます。
  • カメラやレンズの鏡筒はシリコンクロスで汚れや指紋等を綺麗に拭き取ります。
  • レンズの表面はブロアーでよく埃を除いた後、市販のクリーニング液を少量クリーニングペーパーかレンズクリーニングクロスに付けて柔らかくふき上げます。
手入れの際に注意したいこと
  • 砂塵やゴミ、埃が付いたときはブロアーやハケ等で付着物を払いのけてからふき上げます。特にレンズ表面に砂塵などが付いたままふき上げますと傷の原因となります。
  • 水滴が付いたり潮風に当たったときには、乾いた布等でよくふき、水分や塩分が残っていないようにします。
  • 清掃時には絶対にシンナーなどの溶剤は使わないで下さい。
  • カメラやレンズには接着剤や油類は絶対に使用しないで下さい。内部に接着剤や油が入り故障の原因となります。
水没や、落下などによるショックを与えた場合
  • 水没や落下などをさせてしまった場合は早急に弊社の営業所にご相談下さい。水没品の場合は修理をしても内部に残る水分が錆や腐食の原因となりますので修理不能となるケースが多々あります。また、落下などによるショック品の場合は外観はあまり痛んでいなくても内部の構造物にゆがみやひびが発生している場合があります。
保管の際に注意したいこと
  • カメラやエレクトロニックフラッシュを長期間保管するときは、必ず電池を抜いて下さい。
  • カメラを長期間使用しないときは、月に1回程度カメラを取り出し、カラ写しで実際の撮影と同様に各部を作動させて下さい。その方が良好な状態を保てます。
  • エレクトロニックフラッシュの場合も何度か発光させるとコンデンサーの劣化を防げます。
保管場所について
  • 防湿庫や市販の防かび用品を使うか、乾燥剤の入れた密封容器に保管しましょう。(防かび用品や乾燥剤は効果が切れた後は放置しておきますと逆効果になりますので使用説明書をよくお読み下さい。)
  • 保管の際にはカメラケースから必ず出して下さい。カメラケース自体に湿気が残っていることが多く、逆効果となります。
保管に不向きな場所
次のような場所には保管しないで下さい。
  • 風通しの悪い押入や、タンス、机の引き出し
  • 防虫剤を入れてある場所
  • 直射日光の当たっている場所
  • 温度、湿度の高い場所
  • 磁気を発生する機器(テレビ、パソコン)などの近く
  • 車のトランクなど振動の多い場所