IR情報開示方針

1. 情報開示の方針
当社は、株主及び投資家の皆様に適時・適切な会社情報を提供するため、金融商品取引法及び関連法令並びに東京証券取引所の定める適時開示規則に基づいて開示を行ってまいります。さらに、株主及び投資家の皆様の投資判断に影響を与えると判断されるその他の情報についても積極的に開示してまいります。

2. 情報開示の方法
適時開示につきましては、東京証券取引所の適時開示情報伝達システム(TDnet)を通じて開示するとともに、その後速やかに当社ホームページにも掲載しております。適時開示規則に該当しない情報につきましても、当社ホームページへの掲載等により広く開示いたします。

3. インサイダー情報の取り扱い
当社は、重要情報を適切に管理しインサイダー取引の未然防止を図るための社内規定を定め、グループ社員全体への周知徹底と理解啓蒙を促進しております。また、重要事実につきましては、情報取扱責任者である取締役及び開示担当部門である経営企画室において情報の把握・管理を行い、適切に開示する体制を整備しております。

4. 沈黙期間
当社は、決算(四半期決算含む)情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、決算期末日の翌日から決算発表日までを沈黙期間としております。この期間は、決算・業績見通しに関する質問への回答やコメントを差し控えることとしております。ただし、この沈黙期間中に業績予想を大きく外れる見込みが出てきた場合には、開示規則に従い適宜公表することとしております。

5. スポークスパーソン
当社は、情報の正確性および開示の公平性の確保の観点から、代表取締役社長、IR担当取締役、経営企画室長、経営企画室担当者をスポークス・パーソンとしております。

IRに関する活動状況

個人投資家向けに定期的説明会を開催 証券会社を中心に年に複数回実施しております。
アナリスト・機関投資家向けに定期的説明会を開催 本決算及び第2四半期決算に、機関投資家向け決算説明会を開催しております。決算説明会では代表取締役社長による資料の説明及び質疑応答を行っております。
なお、2017年12月期の決算説明会以降は、決算発表と同日に実施すると共に、プレゼンテーション資料に加えて説明内容も当社ホームページ上に掲載しており、タイムリーかつ公平な情報発信及び開示内容の充実に努めております。
また、取締役等が機関投資家に対し個別訪問を実施しています。
海外投資家向けに定期的説明会を開催 国内で開催される証券会社主催の海外投資家向けカンファレンスに毎年参加しております。
IRに関する部署(担当者)の設置 IR担当取締役を選任し、経営企画室がIR担当部門として、各部門と連携を図り株主との建設的な対話を実現するための体制整備・取り組みを行っております。

情報開示体制図