AF70-300mm F/4-5.6 Di LD Macro 1:2 [Model A17] 閉じる閉じる
A17トップに戻る
A17レンズ・テクノロジー
スペック表
レンズ構成図
70-300の画角変化
カタログ
Di レンズシリーズのご紹介

A17レンズ・テクノロジー
抜群のフットワークで、超望遠からマクロまで幅広く対応します!
フルサイズ&APS-Cサイズ相当デジタルカメラ両用の小型・軽量・高画質な望遠ズーム!
軽量・コンパクトなボディと、そのフットワークの良さに定評のある望遠ズームレンズ「AF70-300mm F/4-5.6」が、「Diシリーズ」としてリニューアル。

デジタルで最大465mm相当*の超望遠が気軽に楽しめる1本です。その機動力を活かしてスポーツシーンや元気に走り回る子供たちの姿など、動きの激しい被写体にぐっと近寄った撮影が楽しめます。
*35mm判換算
[300mm](35mm判換算:465mm)露出:絞り開放 Auto ISO400 WB:Auto
AF 70-300mm F/4-5.6 Di
AF 70-300mm F/4-5.6 Di
[300mm] (35mm判換算:465mm)
露出:絞り開放 Auto ISO400
WB:Auto


デジタルの特性に配慮した光学設計

[70mm](35mm判換算:109mm)露出:絞り開放 Auto ISO400 WB:Auto
[70mm](35mm判換算:109mm)
露出:絞り開放 Auto
ISO400 WB:Auto
レンズフロント面から入る光による反射、デジタル一眼レフカメラの撮像素子(イメージセンサー)の影響による画質低下を最小限に抑えるために、新開発のマルチコートを採用。

さらに、独自の特殊コーティング技術(インターナル・サーフェイス・コーティング*)の採用など、デジタル一眼レフカメラの特性に配慮した最新の光学設計で、徹底したゴースト・フレア対策を行っています。

また、諸収差によるフレア発生などをおさえるためのより高度な品質管理で、安心してお使いいただけます。
*レンズ貼り合わせ面へのマルチコート

色収差低減のための、LD(Low Dispersion:異常低分散)レンズ採用

シャープネスを低減させる色収差。その原因となる分散性(屈折に伴い白色光が虹色に分光する特性)が非常に低い、低屈折率のガラス素材を使用したレンズで、望遠側で目立ちやすい軸上色収差を低減します。

■光学ガラスレンズとLDレンズの色収差の違い(模式図)
光学ガラスレンズとLDレンズの色収差の違い(模式図)

倍率1:2の本格的マクロ撮影が可能

[300m](35mm判換算:465mm)露出:F/9.5 Auto ISO100 WB:Auto 最短撮影距離:0.95m (最大撮影倍率 1:2)* *マクロスイッチ切り替え時 焦点距離180mmから300mmの間で「マクロスイッチ」を切り替えれば、最大撮影倍率1:2までの望遠効果を活かした本格的なマクロ撮影が可能です。被写体との最短撮影距離も、通常の撮影領域では1.5m(最大撮影倍率1:3.9)ですが、マクロスイッチを切り替えることによって95cmまで近づくことができます。
しかも、9枚羽根の円形絞りだから、ボケ味も美しく表現できます。公園や野山で見つけた小さな花や昆虫、身近で発見した形の美しい小物などのクローズアップ撮影に威力を発揮します。 焦点距離180mmから300mmの「マクロスイッチ」
[300mm]
(35mm判換算:465mm)
露出:F/9.5 Auto
ISO100 WB:Auto
最短撮影距離:0.95m
(最大撮影倍率 1:2)*
*マクロスイッチ切り替え時