レンズテクノロジー
MODEL B01
 SP AF180mmF/3.5 Di
 LD [IF] MACRO1:1
タロムン・レンズ・テクノロジー
スペック
プロカメラマンレポート
カタログ請求
90mmマクロ伝説
>  トップへ  >  レンズテクノロジー
Di SP back 2/3 next
  180mmマクロのメリット
風景写真で多用される200mmクラスの望遠レンズと、同じく風景の撮影でポイントになるマクロ撮影用のレンズという、二つの特長を兼ね備えた、単焦点ながら広い守備範囲が特長のレンズです。
このため、「最初に持つマクロレンズ」としてもおすすめです。
  等倍(マクロ倍率1:1)とは
被写体が、実物と同じ大きさでフィルム面(あるいはCCD・CMOSなどのイメージセンサー上に)に結像する、ということ。
プリントに引き伸ばされたとき、その拡大率は大変に大きくなるため、極限までの描写性能が必要とされるのです。
  180mmと90mmの等倍比較(パースペクティブ)
どちらの写真も、ピントの合った被写体(手前のコイン)の撮影倍率は1:1で同じですが、立体感と、背景にあるコインの大きさ、奥行き感が異なってきます。
180mm(F16で撮影) 90mm(F16で撮影)
  180 mm(F/16で撮影)   90 mm(F/16で撮影)
   
back 2/3 next