2017年04月20日
株式会社タムロン

タムロンレンズが4年連続 「TIPAアワード」 を受賞

SP 150-600mm G2 (Model A022)が
「TIPAアワード2017/BEST DSLR TELEPHOTO ZOOM LENS」を受賞

総合光学機器メーカーの株式会社タムロン(代表取締役社長:鯵坂司郎、本社:さいたま市)は、35mm判フルサイズデジタル一眼レフカメラ対応の超望遠ズームレンズ「SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD G2 (Model A022)」 が 『TIPAアワード2017/BEST DSLR TELEPHOTO ZOOM LENS』 を受賞したことをお知らせします。

2014年 『TIPAアワード/BEST EXPERT DSLR LENS』 SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD(Model A011)
2015年 『TIPAアワード/BEST CSC ENTRY LEVEL LENS』 14-150mm F/3.5-5.8 Di III(Model C001)
2016年 『TIPAアワード/BEST DSLR PRIME LENS』 SP35mm F/1.8 Di VC USD (Model F012)
『TIPAアワード/BEST ENTRY LEVEL DSLR LENS』 18-200mm F/3.5-6.3 Di II VC (Model B018)
に続く4年連続受賞。

受賞理由

  1. SP 150-600mm G2はフルサイズデジタル一眼レフカメラ用に開発された超望遠ズームですが、APS-C用カメラでは驚くべき225-900mm相当の画角を誇ります。また、タムロンの改良された手ブレ補正機構「VC」は、CIPA規格準拠4.5段分の補正効果を実現。様々な撮影シーンに対応する3つのモードを搭載しています。また、最短撮影距離は220cm、レンズ構成は13群21枚。3枚のLDレンズを使用することで、軸上・倍率色収差を効果的に排除します。さらに、eBAND、BBARコーティングを施し、ゴースト・フレアの発生を抑制しています。応答性・制御性にすぐれた超音波モーター「USD」や、レンズ鏡筒の可動部・接合部に簡易防滴構造を採用している点も特長です。

TIPAアワードについて

  1. 『TIPA アワード』は写真・映像業界で最も影響力を持つ賞として知られています。5大陸、15カ国の世界的なカメラ・映像関連専門誌の編集長やテクニカルエディターによって構成されるTIPA(Technical Image Press Association)が、年に一度、写真・映像製品の中から部門ごとに最も優れた商品を選出しています。