2019年10月23日
株式会社タムロン

フルサイズミラーレス一眼カメラ対応
“寄れる”単焦点レンズシリーズを発売

「20mm F/2.8 Di III OSD M1:2 (Model F050)」
「24mm F/2.8 Di III OSD M1:2 (Model F051)」
「35mm F/2.8 Di III OSD M1:2 (Model F053)」

総合光学機器メーカーの株式会社タムロン(代表取締役社長:鯵坂司郎、本社:さいたま市)は、35mmフルサイズミラーレス一眼カメラ対応のソニー Eマウント用単焦点レンズ、「20mm F/2.8 Di III OSD M1:2 (Model F050)」、「24mm F/2.8 Di III OSD M1:2 (Model F051)」、「35mm F/2.8 Di III OSD M1:2 (Model F053)」の3機種を発売します。
単焦点レンズは、撮影者が動くことによって撮影範囲を決めなければなりません。そのため、思い描いた写真が撮れた時の喜び・撮影の楽しさは格別です。超広角の世界を本格的に楽しめる焦点距離20mm (Model F050)、広角撮影を始めるのに適した焦点距離24mm (Model F051)、気軽にスナップ撮影を楽しめるオールマイティーな焦点距離35mm (Model F053)の本3機種は「多くの方にもっと気軽に単焦点レンズの楽しさを知ってもらいたい」というコンセプトのもと、美しい描写と優れた操作性を両立しています。単焦点レンズに相応しい明るさと軽さに加え、並外れて高い近接撮影能力も大きな特長です。また、屋外での撮影を考慮した簡易防滴構造や、汚れがつきにくくメンテナンスが容易な防汚コートを採用しました。フィルター径は弊社フルサイズミラーレス用大口径ズームレンズシリーズと共通のφ67mm。ソニー製カメラに搭載されている「ファストハイブリッドAF」「瞳AF」など各種カメラ機能にも対応しており、快適な撮影をサポートする機能も充実しています。スナップ撮影の醍醐味ともいえる広角レンズによる写真表現を、これまでになく手軽かつ本格的にお楽しみいただくことができる実用性の高いレンズです。

  • Model F050
    Model F050
  • Model F051
    Model F051
  • Model F053
    Model F053
商品名 24mm F/2.8 Di III OSD M1:2
(Model F051)
35mm F/2.8 Di III OSD M1:2
(Model F053)
20mm F/2.8 Di III OSD M1:2
(Model F050)
発売日 2019年12月5日 2020年1月頃発売予定
希望小売価格 46,000円(税抜)

製品特徴(3機種共通)

  1. 1.“寄って撮る”をとことん楽しむ、並外れた近接撮影能力

    本単焦点シリーズの最短撮影距離は、20mm(Model F050):0.11m、24mm(Model F051):0.12m、35mm(Model F053):0.15mと、極めて近くまでピントの合うレンズとなっています。いずれも最大撮影倍率は1:2。被写体にぐっと近づいて撮影することで、近いものはより大きく、遠いものはより小さくといった、広角レンズならではの遠近感を強調した表現が可能です。
    広角レンズにとって“寄れる”ことは重要なスペックのひとつ。フルサイズ対応レンズとして驚くほど高い近接撮影能力が、これまで以上に自由度の高い撮影を叶えます。さらに、大きなボケを得にくい広角レンズであっても、被写体に近づくことで背景を大きくぼかした写真を撮ることができます。

  2. 2.機動力に長けた、小型軽量・フィルター径φ67mmシステム

    重量は、20mm(Model F050):220g、24mm(Model F051):215g、35mm(Model F053):210gと非常に軽く、3本合わせても645gと携帯性に長けており、持ち出しに躊躇することなく気軽に撮影を楽しむことができます。また、同じくフルサイズミラーレス用シリーズのタムロン標準ズーム28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036)や超広角ズーム17-28mm F/2.8 Di III RXD (Model A046)との組み合わせも最適で、撮影の幅を広げます。
    加えて、3本のフィルター径は当社製フルサイズミラーレス用ズームレンズと共通のφ67mm。PLフィルターやNDフィルターなど、フィルターワーク時にかかる負担を大幅に軽減し、よりスムーズな撮影をサポートします。フロントキャップも共通であるため、レンズ交換時に径の異なるキャップを探す手間がなくなり、撮影時のストレス緩和にもつながる、利便性・機動性に長けたシステムです。

  3. 3.高解像デジタルカメラに対応する、優れた解像性能

    最新の設計技術による高度なレンズ構成に、特殊硝材であるLD(Low Dispersion : 異常低分散)レンズやGM(ガラスモールド非球面)レンズを適切に配置することで、画面中央から周辺部まで非常に高い描写性能を有しています。また、優れた反射防止性能を誇るBBAR(Broad-Band Anti-Reflection)コーティングの採用により、ゴースト・フレアの発生を大幅に低減。一方、広角レンズによくみられる歪曲収差は、カメラ側の機能を活用して補正しています。妥協のない光学性能とカメラの収差補正機能により実現した優れた解像性能で、気軽なスナップ撮影だけでなく、本格的な風景や建築撮影など、幅広い用途で安心してお使いいただけます。

  4. 4.使い勝手を考慮した長さ64mm

    レンズの長さは3本共通の64mm。ソニー製Eマウントカメラとのバランスが良い小柄なレンズボディは、前玉繰り出し式を採用していながら、フォーカシングによる長さの変化がないように設計されています。そのため、近接撮影を行う際のフォーカシングによって繰り出した前玉が被写体に接触する危険が少なく、レンズ使用時の使い勝手に大きく貢献します。また、フォーカスリングは人差し指と親指が自然に添えられるようにレンズの前方へ配置し、マニュアルフォーカス時の操作性にもこだわっています。

  5. 5.静音DCモーター「OSD」を採用

    AF駆動には静音性に優れたOSD(Optimized Silent Drive)を採用しています。従来のDCモーターと比較して駆動音を大幅に低減することに成功するとともに、AFの精度とスピードも大きく向上。動きのある被写体の撮影でも、的確に合焦する優れたAFの精度と追従性を実現しています。また、ソニー製カメラに搭載されている「ファストハイブリッドAF」「瞳AF」「ダイレクトマニュアルフォーカス(DMF)」にも対応しており、より快適な撮影をサポートします。

  6. 6.快適な撮影をサポートする簡易防滴構造・防汚コート

    レンズ鏡筒の可動部や接合部など、主要な箇所に防滴用のシーリングを配し、レンズ内部に水が侵入しにくい構造となっています。また、レンズ最前面には撥水性・撥油性に優れたフッ素化合物による防汚コートの技術を搭載。水滴、手の脂などの汚れが拭き取りやすく、メンテナンスが容易なため、寄れる単焦点レンズとして安心してお使いいただけます。

  7. 7.カメラの主な機能に対応

    ・ファストハイブリットAF 
    ・瞳AF
    ・ダイレクトマニュアルフォーカス(DMF)
    ・カメラ内レンズ補正(周辺光量、倍率色収差、歪曲収差)
    ・カメラによるレンズ本体ファームウェアアップデート
    ※各種機能につきましては各カメラにより異なります。詳しくはカメラの取扱説明書にてご確認ください。
    ※2019年9月現在。

仕様

モデル名 F050 F051 F053
焦点距離 20mm 24mm 35mm
明るさ F/2.8
画角 (対角画角)* 94°30' 84°04' 63°26'
レンズ構成 9群10枚 9群10枚 8群9枚
最短撮影距離 0.11m 0.12m 0.15m
最大撮影倍率 1:2
フィルター径 Φ67mm
最大径 Φ73mm
長さ** 64mm
質量 220g 215g 210g
絞り羽根 7枚 (円形絞り)***
最小絞り F/22
標準付属品 花型フード、レンズキャップ キャップタイプフード
レンズキャップ
対応マウント ソニーEマウント用

プレスリリース画像ダウンロード