2020年3月2日
株式会社タムロン

「健康経営優良法人2020(大規模法人部門)」に初認定

総合光学機器メーカーの株式会社タムロン(代表取締役社長:鯵坂司郎、本社:さいたま市)は、経済産業省が日本健康会議*と共同で実施している「健康経営優良法人2020」において、この度初めて「健康経営優良法人2020(大規模法人部門)」に認定されましたのでお知らせ致します。

「健康経営優良法人2020(大規模法人部門)」は経済産業省が推進する健康経営優良法人認定制度**
の一環として位置づけられ、大規模法人のうち保険者と連携して優良な健康経営を実践している法人を認定するものです。

「健康経営」は社員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践する経営手法です。
従業員の活力向上や組織の活性化をもたらし、結果的に業績向上や組織としての価値向上へ繋がることが期待されています。
タムロンは今後も成長の原動力となる全社員の健康増進に向け、健康経営を推進してまいります。

健康経営優良法人2020

*日本健康会議
少子高齢化が急速に進展する日本において、国民一人ひとりの健康寿命延伸と適正な医療について、民間組織が連携し行政の全面的な支援のもと実効的な活動を行うために組織された活動体。経済界・医療関係団体・自治体のリーダーから構成される。

**健康経営優良法人認定制度
地域の健康課題に即した取組みや日本健康会議*が進める健康増進の取組みをもとに、特に優良な健康経営を実践している法人を顕彰する制度。
健康経営に取り組む優良な法人を「見える化」することで、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」として社会的に評価を受けることができる環境を整備することを目標としている。