ニュース 閉じる閉じる
2004年4月
株式会社タムロン
伝説の90mmマクロレンズが、“Di”で新登場

SP AF90mm F/2.8 Di
MACRO1:1
(Model 272E)

株式会社タムロン(代表取締役社長:小野守男、本社:さいたま市)は、倍率1:1(等倍)での撮影が可能な中望遠マクロレンズ、

SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 (モデル272E)

を、発売致します。

SP AF90mm F/2.8 Di  MACRO 1:1 (モデル272E)

高画質・軽量コンパクトなタムロンの90mmマクロレンズが、“Di”(Digitally Integrated Design)で新登場。 1979年の初登場以来、マクロ倍率の等倍化という大きなモデルチェンジを経てもなお、「最良の選択」と謳われ、市場から支持され続けているSP90mmマクロが、さらに進化しました。 フィルムでもデジタルでもどちらのカメラでも、自信を持ってお薦めするマクロレンズです。

商品名 希望小売価格 発売日
SP AF90mm F/2.8 Di
MACRO 1:1
(Model 272E)
ニコン/キヤノン/ミノルタ/ペンタックスAFカメラ用
68,000円(税別) ニコン/キヤノン/ミノルタAF用
4月21日発売


ペンタックスAF用 6月10日発売予定

<主な特長>
■“Di”対応の高画質
Di(Digitally Integrated Design) デジタルカメラでの使用に配慮した光学設計“Di”を取り入れ*、デジタルでも銀塩(フィルム)でも変わらぬ高画質な描写が得られます。
*Model 272Eは、従来のModel 172 Eと同じレンズタイプを用い、コート面での光学設計で“Di”を取り入れています。

■コーティングの改善
デジタルカメラでフィルムカメラとは状況が大きく異なるのが、カメラミラーボックス内の内面反射です。乱反射するフィルム面の内面反射とは異なり、CCDやCMOSなどのイメージャが鏡面のようになっているデジタルカメラでは、レンズ側での反射防止対策が不可欠です。 Model 272Eでは、デジタルカメラで問題になる「面間反射」が最小限に抑えられるよう、コーティングを改善致しました。


■フィルムでもデジタルでも、使いやすい画角
フィルムカメラで使用するときは、ポートレートマクロとしても非常に使いやすい90mm中望遠の画角。 一方、レンズ交換式の一眼レフデジタルカメラ(APS-Cサイズ相当)で使用する場合は約140mm相当の画角になり、望遠マクロレンズに迫る使い勝手のレンズとしてお使いいただけます。

■外観デザインの向上
マニュアルフォーカスで操作する機会の多いマクロレンズであることに配慮し、フォーカスリングのラバーパターンを、指掛かりのよい形状に変更しました。 また、各部の表示や塗装をDiシリーズ共通の最新の外観デザインに仕上げ、各操作部の視認性を高めるとともに高級感を得ています。

■最軽量・コンパクト設計
中望遠等倍マクロで、最も軽い*。設計改良により、前モデル(Model 172E)より質量で15グラム*、最大径で2.5mmの小型・軽量化。 この、「高画質で、且つ小型・軽量」をポリシーとするタムロン90mmマクロの伝統は、“Di”となっても生き続けています。
*現行品、AF、90~100mmF/2.8クラスの等倍マクロで、世界最軽量
*軽量化の質量は、ニコンAF用で比較した場合の数値です


仕様
モデル名 272E
焦点距離 90mm
画角 27°
明るさ F/2.8
レンズ構成 9群10枚
最小絞り F/32
絞り羽根枚数 9枚
最短撮影距離 0.29m
最大撮影倍率 1:1
全長 97mm*
最大径 φ71.5mm
フィルター径 φ55mm
質量 405g*
標準付属品 レンズフード、ソフトケース
対応マウント ニコンAF-D、ミノルタAF-D、キヤノンAF、ペンタックスAF用
*全長および質量は、ニコンAF用の数値です