ニュース 閉じる閉じる
2006年2月15日
株式会社タムロン

タムロンの28-200mm高倍率ズーム
「Di」になって、リニューアル
AF 28-200mm F/3.8-5.6 XR Di Aspherical [IF] Macro (Model A031)

新開発


株式会社タムロン(代表取締役社長:小野守男、本社:さいたま市)は、デジタルカメラに配慮した光学系「Di」の高倍率ズーム
『AF 28-200mm F/3.8-5.6 XR Di Aspherical [IF] Macro』 (Model A031)
を開発致しました。

AF 28-200mm F/3.8-5.6 XR Di Aspherical [IF] Macro (Model A031)
タムロンは1992年に「常用できる高倍率ズームレンズ」という新しいジャンルを創出した第1世代の28-200mmズーム(Model 71D)を発売以来、高倍率ズームレンズのパイオニアとして、商品開発をしてまいりました。現行品の「AF 28-200mm Super XR F/3.8-5.6 Aspherical [IF] Macro (Model A03) 」はXR(高屈折率)ガラスを革新的に活用し、驚異的な軽量・コンパクトさを実現した画期的な製品で、広く写真ファンに受け入れられました。この度、この軽量・コンパクトな高倍率ズームのコーティングを全面的に改善するなどして、デジタル一眼レフカメラの特性に配慮したDiレンズとしてリニューアル致しました。

  ※  Di (Digitally Integrated Design) : デジタル一眼レフカメラの特性に配慮した光学設計のレンズに付記


 特長
1.コーティングの改良により、デジタル一眼レフカメラでの撮影に配慮したDiタイプレンズとしてリニューアル。
レンズフロント面からの光による反射、撮像素子の影響による画質低下を抑えるために、新たに開発したマルチコートの採用や、インターナル・サーフェイス・コーティング(レンズ貼り合わせ面へのマルチコート)を積極的に採用しています。
また、解像性能規格の底上げや収差によるフレア発生などを抑制する、より高度な品質管理を行うことで、レンズ交換式のデジタル一眼レフカメラでの撮影にふさわしい高倍率ズームとして、リニューアル致しました。


2.使い勝手、コンパクトさはそのまま
7倍ズームの画角変化がデジタル一眼レフカメラでも活用できる。それは、「写した画像をその場で確認できる」「パソコンで自由に加工できる」というデジタルカメラの魅力の本質「便利さ」を、さらに伸展させるものです。フィルム用の現行機種のコンパクトさをそのままに、28-200mmの高倍率ズームの持つ使い勝手の良さが、レンズ交換式のデジタル一眼レフカメラでもお楽しみいただけます。


3.銀塩フィルム用カメラでも、そのまま便利(デジタル & 35mmフィルムカメラ兼用)
テレ側で、310mm相当の超望遠の画角描写が得られるAPS-Cサイズ相当のデジタル一眼レフカメラでの使用はもちろん、ワイド側28mmの広角描写をフルに活かせる従来のフィルム用AF一眼レフカメラでも、そのままお使いいただけます。
  *タムロンの35mm判換算値は1.55倍です。

銀塩フィルム用カメラでも、そのまま便利


4.Diレンズ共通の外観デザインを採用
  (1)   デザイン上のポイントになる部分にメタル製のレリーフリングを採用し、これに特殊処理で文字を表記。視認性とデザインの向上を図りました。
(2) 鏡筒全体をおおう黒塗装に、高級感のある、繊細なシボ塗装をほどこしました。

■仕様
モデル名 A031
焦点距離 28-200mm
明るさ F/3.8-5.6
画角 75°23′- 12°21′
レンズ構成 14群15枚
最短撮影距離(m) 0.49m (ズーム全域)
最大撮影倍率 1:4 (200mm時:最短撮影距離 0.49m)
フィルターφ (mm) φ62mm
全長(mm) 75.2mm
最大径 (mm) φ71.0mm
質量(g) 354g
絞り羽根 7枚
最小絞り F/22
標準付属品 花型フード
対応マウント ニコンAF-D/キヤノンAF/ソニー(コニカミノルタ)/ペンタックスAF
* 全長・質量は、ニコンAF用の数値です。

各商品についてのプレスリリースはこちらをご覧下さい。

SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF] (Model A16)

AF70-300mm F/4-5.6 Di LD Macro 1:2 (Model A17)

プレスリリースニュース トップへ