ニュース

2012年5月9日
株式会社タムロン

日本写真家協会(JPS)主催写真展
「生きる -Post-TSUNAMI-」
フォトキナ2012での展示に、タムロンが協賛

株式会社タムロン(代表取締役社長:小野守男、本社:さいたま市)は、今年の秋にドイツ・ケルン市で開催されるフォトキナ2012の会場で、公益社団法人 日本写真家協会(Japan Professional Photographers Society 略称JPS)が主催する写真展、「生きる」- Post-TSUNAMI -に協賛いたします。

JPSは、東日本大震災の復興支援事業として、被災後一年を期し被災地が復興していく様子を写真家の眼で記録し、人々が悲しみを乗り越え逞しく生きていく姿を世に伝えていくための写真展「生きる」-東日本大震災から一年-の開催と写真集の出版を行いました。写真展は、震災から一年の節目となる3月11日をはさむ、2012年の3月から東京展を、3月末~4月にかけて仙台展を行い、多くの方々にご覧いただくことができました。タムロンは、この写真展に特別協賛いたしました。そしてJPSは、今秋9月に開催されるフォトキナ2012の会場で写真展「生きる」-Post-TSUNAMI-を開催することとなり、タムロンがこの写真展の協賛をいたします。

ドイツ・フォトキナに集う世界中のカメラ・写真を愛する人々に、この写真展を見ていただけるよう、タムロンは支援を行ってまいります。

写真展「生きる -Post-TSUNAMI-」のホームページ(日本写真家協会)

◎開催概要

会期
2012年9月18日(火)~23日(日)フォトキナ2012(主催:ケルンメッセ)
会場
フォトキナ2012会場内 ドイツ連邦共和国 ケルン市
主催
公益社団法人 日本写真家協会
協賛
株式会社タムロン

◎展示概要

作品点数
およそ100点
出展作家
73名(日本写真家協会会員を含む、プロ、アマチュア写真家)
編集構成
公益社団法人 日本写真家協会

◎プレス・ミーティングと内覧会

フォトキナ開催初日に、写真展会場にてプレス・ミーティングと内覧会を行います。

日時
9月18日(火)12:00~13:00
場所
ケルンメッセ内 ホール5.1「生きる -Post-TSUNAMI-」写真展会場

写真展「生きる」について

被災から一年を迎える2012年3月から、東京と、被災地である宮城県仙台市で開催された写真展。展示構成は「被災」「ふるさと」「生きる」の3部構成からなっています。
第一部「被災」は、被災地に居住する人でなければ撮れない生々しい現実を捉えた、いままでメディアに出てこなかった、津波の恐ろしさを伝える記録を中心に構成しました。
第二部「ふるさと」は、震災前の東北の風土に支えられた姿を記録した写真で構成しています。復興すべき"ふるさと"の姿を、鑑賞者はここで知ることができます。写真は、過去に写された写真を集めたというだけではなく、展示した多くの写真そのものが被災した写真であるという重要な事実があります。それらは、津波にさらわれ漂流していた箱から回収されたネガやポジフィルムからプリントされたものです。
第三部「生きる」は、この写真展の核となる部分です。被災から一年、人々は困難な状況に耐え、日常を取り戻そうと立ち上がり、懸命に日々を送っています。それらの営みが「生きる」"Ikiru"ということであり、写真家達はこれらの人々の暮らしに迫り、その姿を撮影、記録、発表することで社会に貢献することを願っています。

東京展
2012年3月2日(金)~15日(木) 富士フォトギャラリー新宿
仙台展
2012年3月27日(火)~4月8日(日) 仙台市博物館ギャラリー

日本写真家協会とは

公益社団法人日本写真家協会(Japan Professional Photographers Society 略称JPS)は、昭和25(1950)年に設立しました。協会はわが国の代表的な写真家1700名によって組織され、写真家の職能と地位の確立、著作権の確保と啓蒙活動、写真展の開催並びに出版、写真の歴史展や歴史書の出版、写真技術に関する調査研究とセミナーの開催など、様々な活動を展開しています。さらに写真原板を保存する「日本写真保存センター」(アーカイブ)の創設を図るなど、わが国の写真文化の発展に寄与する活動を積極的に行っています。

会長
田沼 武能
正会員
1,714名  賛助会員: 52社  名誉会員: 13名
所在地
東京都千代田区一番町25番地 JCIIビル303

フォトキナについて

フォトキナは、ドイツ・ケルン市の「ケルンメッセ」で2年に1度開催される世界最大のカメラ・写真機材をはじめとした映像関連総合見本市。今回は9月18日~9月23日に開催。世界40カ国以上から約1,200社が出展を予定している。 前回の「フォトキナ2010」には160カ国から18万人以上が訪れた。(ケルンメッセ発表)