2014年10月28日
株式会社タムロン

開発発表
超高性能 3.1㎛ ピクセルピッチ・イメージセンサ対応 工業用 単焦点レンズ

1.1型 50mm F/1.8 (Model M111FM50)

総合光学機器メーカーでセキュリティ市場のリーディングカンパニー「株式会社タムロン(本社:さいたま市、代表取締役社長:小野 守男)」は、超高性能ピクセルピッチ 3.1㎛ 、1.1"サイズの工業用単焦点レンズM111FM50の開発を発表いたします。

Model M111FM50

Model M111FM50

開発の意図

製造装置・基板実装装置・各種検査装置・各種工作機器を始めとして、マシンビジョン用途で使用されているメガピクセルカメラは、一層の高画素化が進んでおります。

市場には様々な用途を意識したレンズモデルが存在し、ユーザーが各々の用途に見合ったカメラ・レンズを選定の上、ご利用いただいています。その中でも、一部の製造装置、基板検査装置、印刷機などでは非常に高精細な画像を求められております。

タムロンでは、従来、工業用レンズの高画素化を進めておりましたが、このたび、弊社工業用レンズラインナップで最も高精細な1.1型 3.1㎛ ピクセルピッチ・イメージセンサ対応M111FM50を開発いたしました。今回の開発により、弊社工業用メガピクセルレンズシリーズのラインナップは、1/1.8型(M118シリーズ6機種)、2/3型(M23シリーズ7機種)に1.1型が加わり、さらに充実化した工業用レンズラインナップとなります。よって、ユーザーの用途に応じた様々な高画素対応のレンズをご提案することが可能になります。

今後も、タムロンは工業用のレンズ高画素対応に積極的に取り組み、ユーザーの様々なご要望にお応えし、画面全域にわたる高い光学性能と利便性を追求したレンズ開発を進めてまいります。

主な特徴

  • 高い解像力
  • ・業界トップクラスの解像力を誇る3.1㎛ピクセルピッチ・イメージャー対応。1.1型12メガピクセル相当です。

  • 至近距離での撮影性能を追求
  • ・従来の当社工業用レンズで実現している、使用頻度の高い至近距離撮影での良好な画質を実現。

  • 操作性の向上
  • ・回転トルクを高く設定し、フォーカシング、絞り調整の際の操作性を向上。

  • 高画質レンズ設計
  • ・最新の光学設計技術により、大口径でありながら画面中心から周辺に至るまで高解像、高コントラストな画像を提供。

  • 自社オリジナルコーティング技術により、透過率を改善。
  • 1.1型対角17.4mmまでの幅広いカメラに対応可能な高性能レンズ。
    (有効像円:17.6mm)

主な仕様

モデル名 M1FM50
イメージャーサイズ 1.1型
マウント C
焦点距離 50mm
絞り範囲 F/1.8~22
画角
(水平×垂直)
1.1型 (1:1) 14.1°× 14.1°
(4:3) 15.9°× 11.9°
1型 (1:1) 12.9°× 12.9°
(4:3) 14.6°× 11.0°
2/3型 10.1°× 7.6°
フォーカス範囲 0.4m ~ ∞
操作方法 フォーカス 手動ロック付
アイリス 手動ロック付
フィルターネジ径 M49 P=0.75mm
対応波長 可視光域

※仕様、外観はお断りなく変更する場合があります。
※発売発表時点(2014年10月28日)の情報となります。