2016年4月28日
株式会社タムロン

『iFデザインアワード2016』
『レッドドット・デザイン賞:プロダクトデザイン2016』
両賞を受賞

「SP 35mm F/1.8 Di VC USD (Model F012)」
「SP 45mm F/1.8 Di VC USD (Model F013)」

総合光学機器メーカーの株式会社タムロン(代表取締役社長:鯵坂司郎、本社:さいたま市)は、2015年9月に発売した、35mm判フルサイズデジタル一眼レフカメラ用の大口径広角レンズ「SP 35mm F/1.8 Di VC USD (Model F012)」と大口径標準レンズ「SP 45mm F/1.8 Di VC USD (Model F013)」が、『iFデザインアワード2016』および『レッドドット・デザイン賞:プロダクトデザイン2016』の両賞を受賞しましたことをお知らせします。

DESIGN AWARD 2016

受賞概要

受賞対象: 「SP 35mm F/1.8 Di VC USD (Model F012)」、「SP 45mm F/1.8 Di VC USD (Model F013)」
デザイナー: 田川欣哉氏 (takram design engineering)、松田聖大氏 (takram design engineering)
受賞企業: 株式会社タムロン

『iF デザインアワード』とは?

DESIGN AWART 2016
『iFデザインアワード』はドイツを拠点とするインダストリー・フォーラム・デザイン・ハノーファー(iF)が主催する1953年設立の国際デザイン賞です。対象分野は「プロダクト」「パッケージ」「コミュニケーション」「インテリア/ 建築」「建築」「サービスデザイン」「プロフェッショナルコンセプト」の7つの部門に分かれ、デザイン・品質・革新性・機能性・環境適合などの基準に基づいて厳正に審査されます。
iF賞公式サイト(http://ifworlddesignguide.com/

『レッドドット・デザイン賞』とは?

reddot award 2016
『レッドドット・デザイン賞』はドイツ、エッセンのノルトライン・ヴェストファーレン・デザインセンターが主催する、1955年に設立された国際的な賞で、「プロダクトデザイン」「コミュニケーションデザイン」「デザインコンセプト」のジャンルに分類されます。過去2年以内に販売が開始された製品の中から、デザインの革新性・機能性・人間工学・環境への配慮・耐久性など9つの基準で審査され、これらをクリアした作品に『レッドドット賞』、中でも特に優れている作品には『ベスト・オブ・ザ・ベスト』が贈られます。ドイツの『iFデザインアワード』、アメリカの『インターナショナル・デザイン・エクセレンスアワード』と並び、世界三大デザイン賞に数えられており、2016年度は57カ国から5,214点のアイテムがエントリーされました。
レッドドット・デザイン賞公式サイト (http://en.red-dot.org/

『iFデザインアワード』『レッドドット・デザイン賞』 受賞製品 デザインコンセプト

写真

1.柔らかで機能美にあふれたヒューマンタッチなデザイン

内部には技術の粋を集約しながら、外観は機械然とした冷たさではなく、柔らかな人間味を放つことをコンセプトに、「ヒューマンタッチ」なデザインを開発しました。各所に有機的な曲線を取り入れることで、周囲の光によって柔らかく表面の光沢が変化します。また手に触れたときには、金属製の鏡筒の感触と、心地よいフィット感があります。対物側の化粧リングのカーブにもこだわり、被写体側からの見え方にまで心配りをしました。

2.ブランドリング&エンブレム

レンズとカメラボディの間に配置されたルミナスゴールドの「ブランドリング」と、同色の「SPエンブレム」を新しい「SP」シリーズの象徴といたしました。

3.表示部のデザイン

表示の見やすさを追求し、表示窓をこれまでより大きくしました。距離目盛に記された文字についても、可読性の高いフォントを採用。細かな文字ひとつにも、デザインを徹底追求しています。

4.スイッチ部の形状、操作の感触

AF/MFの切り替えや手ブレ補正機構VCのON/OFFスイッチの操作状況、使用条件を考慮し、スイッチの形状やトルクを改善しました。

5.フード&キャップの形状

本体のデザインにあわせ、フードやフロントキャップ、リアキャップを新たにデザインしました。
さらにレンズ側のフード取り付け部の形状までこだわり、着脱の操作感、安定感の向上を図りました。